我妻さんは俺のヨメがタイムスリップから始まる色恋で衝撃的な傾向

ジューリョーAGAINが、ダメダメそうな主役が出てきて面白そうな眼力がしたから読んでみたのです。根暗でオタなで眼鏡な少年はウエイトリフティング部へやってきますが、亭主は焦点トレーニングというかボディビルって間違えてきた空気だ。まず、実践やってない人間なら、どっちがどっちかわからないのは仕方無いと思います。読み手としてはジューリョーAGAINという呼び名から、こういうコミックが重量挙げ関係だと押さえるのですが、もしかしてここでも勘違いしている人間っていそうですよね。当人把握が苦手な亭主は、流されるように重量挙げを体験する開発となります。但し1人間可愛い女性が入部やる店舗が、何しろ二状況の国家ですなあと思いました。ただ旦那は人間が異様にキツい店舗がカタチの、ちょっとバックがありそうな人間ですね。勿論、主役の1年生ダディーは、情けないカラダだけにシャフトだけでも上がらないので、仕方無く全身の力で評価において重みを上げました。けれども、これがウエイトリフティングの極意だと、勝手に熟練が感動して褒め称えた契約、元オタなダディーが入部するから面白いだ。次いで初日の修練が、オモリ無しのシャフトだけをかついでのジャンプだけという条件ながら、亭主はこれすら出来ないのです。そんな旦那が、まことに女性の指標で、自分のウエイト近くの焦点をリフト行うだから、はたしてこういう品物は趣向がありますね。まず、ジューリョーAGAINは読み積み重ねるコミックとして、脳内に書き込みされた事はいうもありません。